止まった時間から

3月。

二人目の子の卒園が目前です。



3年前の大震災の時は

一人目の「卒業を祝う会」の真っ最中でした。


マイクを持ってゲームの進行をしている際に揺れ始め、

結局そのまま散会し、その後は卒園式もしないまま会っていない友達もいます。




3月から4月にかけては春がめぐる大好きな季節でしたが、

震災後は時間が止まったようで、

桜をみると寂しい思いばかりが湧き出ていました。



でも今回、

子供とともに思いあふれる3月を迎えることが出来たので

あの地震の時に止まった時計が少し動いた気がします。

一人目の子の分も心をこめて卒園を迎えたいなと思います。


桜も味わってみることが出来そうです。


きのこパン
Kinokopan
[PR]
by original-doll-k | 2014-03-15 14:09 | 日々のこと

日本の素朴な雰囲気を持つ人形を作ってみたい。


年明けからずっとその気持ちは強くなるばかり。


日本の季節の飾り物をそんな人形で作りたい。



雛飾りからいろいろ紐解いて調べていくうちに

色々な手法で道を作って来た大先輩方がいることに気づきました。


陶芸・木目込み・張り子。


そういう方の作品や本を見ていくと、感じるのは驚くほどのエネルギー。


粘土という素材に出会ってから8年。


こだわっていたところもあるかもしれない。


転換期に来ているのかもしれません。



きのこパン
kinokopan
[PR]
by original-doll-k | 2014-03-03 06:35 | 日々のこと