けがをしたら「〇〇〇さんをつけるべし!」



我が家には不思議なお薬があります。

その名も「〇〇〇さん」(実名なので^^;)
b0180338_14144538.jpg
子供につきものの擦り傷、けが、虫刺され。

程度が軽いときは流水でよく洗ってそのあとは「〇〇〇さんを塗る!!」

子供も大人も「〇〇〇さんどこ~?」「〇〇〇さん塗っておきなさい」「はい」ってな感じ。


この不思議な薬の正体はオトギリソウの焼酎漬け。
いわきの隣人の素敵なおばあちゃんから頂きました。

そう、このおばあちゃんの苗字が「〇〇〇さん」なのです。

もともと化粧水らしき入れ物に入った第一代目には「かゆみ・やけど・あせも・切り傷」と
書きこんでくれています。

一代目を焼酎で薄めて大事に使っていることを話したら、
帰省したときに二代目を作ってくれていました。
しかし、この二代目、麦茶のペットボトルに入っていてちょっと紛らわしい^^;。

後日、誰にもわかる大きさで「くすり」と書き込みましたが・・・
いっそのこと「〇〇〇さん」と書けばよかったな。

〇〇〇さんには及ばないけど、わがやもへびいちごで薬らしきものを作成中。
b0180338_14231524.jpg
もっと集めないとだめだなあ・・・


きのこパン
Kinokopan


















[PR]
by original-doll-k | 2015-06-10 14:26 | 日々のこと